TEL

膝の施術 | 富山駅・富山市・高岡市・高岡駅 弘漢接骨院

お問い合わせはこちら

膝の痛み

膝の痛み

膝痛は、非常に多い不調の一つです。最近では、若い人でも膝痛の問題で多く来院されています。

膝痛に対する当院の考え方

現在、膝痛の原因は、加齢・体重の増加・激しい運動(オーバーユース)と言われています。しかし、果たして本当にそうなのでしょうか?老人、太っている人、また激しい運動をする方など、様々な方がひざ痛に悩まされています。 つまり、膝痛の原因は、年齢や体重・動作ではなく、その人の膝の使い方により起こります。 当院では、膝痛の多くの原因は、股関節の仕事を代役している事にあると考えています。

股関節は、人体の多くの関節の中でも、非常に大きく「回る」関節であり、「体重の3倍を支えられる」程強く、「筋肉と骨格のバランスを保つ」うえで、中心的な役割を果たしています。

しかし、膝は曲げるか、伸ばすかという単純な関節で股関節のように「回る」という機能はほとんどなく、体重を支えられるほど強い筋肉でもありません。 膝痛の人は、この優秀な股関節を十分に動かす事が出来ず、その結果、代役を膝が行い、本来、得意でない「体重を支える」「回る」動きをさせられ、不必要な力が加わり、摩擦により炎症が生じます。
すると、軟骨がすり減ったり、周囲の筋肉に負担をかけ痛みが出たり、炎症を抑えるために水が溜まったり、膝を変形させていきます。

 

年齢を重ねるとあらわれてくる膝痛の施術なら富山市音羽町の弘漢接骨院

特に年齢を重ねた女性に起こりやすい変形性膝関節症。出来るだけお早めに富山市音羽町の弘漢接骨院にて施術を開始していただくことで改善が臨めます。

変形性膝関節症は、日本人の十人に一人が抱えると言われるほどに高い確率で起こる障害です。特に年配の女性に多い症状であり、膝関節の機能が低下してしまっていることによって、クッションの役割をしている軟骨が変形してしまったり、損傷してしまうことによって痛みが発生します。
大体五十歳を超えたあたりから膝の痛みを感じるようになってくることが多く、六十五歳以上ではとてもたくさんの方が痛みを抱えてしまいます。膝の痛みというのは、出来るだけ富山市音羽町の弘漢接骨院にて専門施術をおこなっていきませんと、どんどん変形や損傷が広がっていってしまい元に戻らなくなってしまいます。そうすると、普通に歩くことさえ困難になってしまい、日常生活に大きな支障を与えてしまいます。

最初は歩き出したりする動作の始めに痛みを感じるだけなので、ついつい大したことないと思ってしまいがちです。しかし、徐々に痛みが増してきてしまい、常に痛みを伴うようになったり、曲げ伸ばしがつらくなり、動作制限が起こってきます。
軽い痛みや違和感の段階で富山市音羽町の弘漢接骨院にて施術を始めていくことによって、悪化させることなくしっかりと改善させていくことが出来ます。
負担がかからないように全身のバランスを調整していったり、効果的なストレッチの指導もおこないます。